炎神戦隊ゴーオンジャー 第13話 パパは極道

『侠気マンタン』

内容
悲鳴が聞こえ、駆けつけると、
ヒキガネバンキが、女性を襲っていた。
その女性・ぷーこりんを助けたゴーオンジャー
連が話を聞くと、父から逃げていると。
そんななか、父・ドックーゴが現れる。
ナゼか、ヒキガネバンキを子分にして。。。。

連は、ぷーこりんを助けるために
3番勝負を挑む!






最後は
『好きにさせんかい』という

これしかない、と言うオチではあったが、
こういったオモシロ任侠モノも楽しいモノです。

『時代の流れ』ってのも、、、、なんか、、、良いカモですね。
そのうえ、、、本物の宇宙人という、、、、
『宇宙一のテーマパーク』という夢さえ、ホントなのですね(^_^)b


内容自体はどうってことのないのであるが。

そんななかに
連が割烹旅館の跡取りであることを表現したり
3番勝負などでも、連のキャラ、
精密さや、知恵など
結構良い感じでキャラ表現して言っている。



ただ。この流れなので、
ヒキガネバンキ自体が、完全にオマケであり、

もう少し、ドックーゴとの絡みで
オモシロ作りなどをした方が。良かったかもしれませんね。

どうも『子分』としては、役立たずですからね。
いきなり子分となっている状態から、
話を始めていてたほうが良かったでしょうね。




さて、1年もやるから
こんな話もあるのだが。

1つ気になったのは。
ケガレシアたちガイアークが
『取引』をしようとしていたことだろう。

宇宙人と出会っているという偶然性も
かなり奇妙なのだが。
どうも『取引内容』が気になって仕方がない。

せめて、あの『何でも斬る、刀』か
ぷーこりんが『何か』を持っている
とか
そんなことが必要だったんじゃ???



、、、楽しかったので良いかな。。。



これまでの感想

第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0